マンガのおかげでした

漫画好きのブログ。はじあくが最近のお気に入りです
広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「はじめてのあく」 これからの赤面力の話をしよう

女子力を磨く……というのが少しネットを騒がせたこともありますが、ラブコメにおいては女子力よりも赤面力の方がはるかに重要と言っても過言ではないでしょう。
現実では女子力を磨くことを怠ると「女子力たったの5か…ゴミめ」と言われてしまうとのことですが。
ラブコメではそんなことはありません。赤面力こそが必要な力です。

そのことを、はじめてのあく10巻が再確認させてくれました。

はじめてのあく 10 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく 10 (少年サンデーコミックス)

遂に二桁巻数ですよわーい!!

前作のこわしや我聞は9巻までなので、藤木先生の初の二桁巻数作品。
初期からずっと応援している(このブログを始める前から)ので、何か凄く嬉しいですね。

……なんて古参アピールはさておき、はじあくはもっと読まれろとファンとして言っておきます。
この赤面力の高さ!!
凄まじい破壊力があります。

さて赤面の話をしましょう。
赤面はどういった時になるでしょうか。

恥ずかしかったり、興奮していたりする時だと私は考えています。
はじあくにおいては、前者の赤面を非常に多く書いています。
この恥ずかしがる、照れる姿というのがもう最高に可愛いのですよ!!

スキャン0007

無人島で二人きりになったら赤面するに決まってるじゃないですかー!
二人きりだけじゃなくて、無人島という設定まで追加されたらキョーコちゃんとしては赤面しっぱなしですよ。

心細いキョーコに普段より気を使うジローの優しさにキュンキュンしてますし。

というか男物の服を着るキョーコが無敵の可愛さですね。
スキャン0008

……どうしよう、このキョーコ凄く可愛い。
ただでさえキョーコは可愛いのに、赤面力まで高いともう手がつけられませんね。
向かうところ敵なしの可愛さですよ。

無人島の話はキョーコの可愛さもありますが、二人きりということでジローとキョーコの心がより深く結びつく感じがして凄い好きだったりします。
ジローって良い主人公だな、と改めて思う話。
一番の見所はキョーコの赤面というポイントは譲れませんけどね!

可愛い娘をさらに輝かせる……それが赤面。
これでラブコメにおいて、女子力より赤面力の方が重要だという私の考えはお分かり頂けたでしょうか。
しかしはじあくの赤面力はこんなものではありませんよ!!

スキャン0009

会長の優しさにときめくアキの赤面が素晴らしい。
男勝りというイメージが強いアキですが、人一倍乙女で赤面力がキョーコに匹敵するほど高いのですよ。
会長との組み合わせもまた素晴らしい。

アキに対する気持ちが読みにくい会長と、会長のたくましさ・優しさに段々と心惹かれていくアキ。
すっかりジローにメロメロなのに認めないキョーコとはまた違った可愛さがあるから素晴らしい。
会長のかっこ良さに見惚れる赤面アキとかもう最高ですね(笑顔)

ジローや会長は男の私から見ても素直に良いなあと思えるキャラなので、彼らがキョーコやアキを赤面させるのは実にニヤニヤ出来ます。
魅力的な男キャラを作るのも、実はラブコメにおいて大事なことなのかもと思っていたり。
赤面力にそういった要素が組み込まれているはじあく万歳という結論で良いですか?

ただし緑なんとかさんは除きます。テメーはダメだ。
本編未読の方に彼のことを説明するとしたら、陰が薄くてヘタレなのにユキをたぶらかそうとする男ですかね。
まあそんなダメな緑なんとかさんが私は好きですよ。

はじあく10巻は本当に私をニヤニヤさせてくれました。巻末漫画のアヤ姉ちゃんもいつも通り優遇されてました。

スキャン0011

アヤ姉ちゃんも赤面力高い。
はじあく女性陣マジすげえ(ただしニートさんは除く。エーコ姉ちゃんは本気出しても赤面ならないなあ……)
毎度のことですが、巻末のオマケ漫画は藤木先生のアヤ姉ちゃんへの愛がよく分かる。

凄く好きなのでしょう。私も大好きです。
しかし草壁さんは報われないキャラが定着してるな……確かに既婚者っぽいけど(笑)

余談ですが、次の巻はラブコメよりはバトルがメインになると思われます。
ニヤニヤ度は下がりますが、青春しているなあという感じが心地よい話になるかと。

スキャン0010

団結して自分たちの大切なものを守ろうとする姿は、見ていて気持ち良いものですね。

☆結論
女子ははじあくを読んで赤面力を高めるべし。
次回のJJ、cancamといった雑誌のテーマは赤面力に決まりですね(大嘘)

画像引用元
はじめてのあく(藤木俊)小学館

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)

[ 2011/07/30 10:39 ] はじめてのあく | TB(0) | CM(0)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。