マンガのおかげでした

漫画好きのブログ。はじあくが最近のお気に入りです
広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青春を燃やせ!「はじめてのあく」が何度でも言えるくらい最高でした

はじめてのあく 12 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 12 (少年サンデーコミックス)
藤木 俊

小学館

Amazonで詳しく見る by AZlink


守れたな!この日常!オレらの力で!

はじめてのあく単行本12巻から発売されてからしばらく経ちましたが、ようやく単行本感想です。
12巻の表紙の話をしたり、モブキャラについて書いたりしましたが……こっちを先にやるべきですね普通は(笑)

はじあく12巻では、11巻から続いてきたバトルが終了しました。
上記の赤城の台詞を聞いたとき、キャラクターと共に読者がはじあくの「日常」が戻ってきたことを感じたと思います。

バトル編は私の知る範囲では否定的な意見が多かった気がしますが、単行本を読み終わって改めて私は悪くなかったと思いました。
ジローに対する周りのキャラクターの想いを、知ることができたから。

☆ジローに対する信頼

スキャン0001
バトル編を通して、特にジローへの想いがはっきりしたのはやはりヒロインであるキョーコでしょう。
赤城がジローを信頼し、その場をジローに任せた時、男二人のちょっと熱い友情を理解していたのはキョーコだけでした。

これはキョーコが赤城とジローのやりとりを理解しているというよりは、赤城以上にジローを信頼しているからこそ黙って見ていたのだと思います。
赤城とジローのやりとりを、やれやれ熱いな、という表情で見ているキョーコ。
本当は、自分がジローに言いたかったのかもしれません。

戦いが終わり、ジローがいる日常を取り戻した時。
ジローを見るキョーコの顔が本当に嬉しそうで、もう目から変な汁が出る。

信じて待つ、というのは言うほど簡単ではない。
それでもキョーコは、ジローの勝利を疑うことなく待っていました。
12巻までに積み上げられた、ジローがいる日常がキョーコにそう思わせたのは言うまでも無いでしょう。

来栖をジローが倒すシーンは、二人の信頼関係を強く表している作中屈指の名場面だと私は思いました。

キョーコや赤城は、ジローがいる日常を積み重ねることでジローを信頼するようになりました。
それとは少し違う信頼の形を見せたのが、黒澤さん。

彼女はキョーコや赤城と違い、ジローと過ごした時間はわずかなものです。
しかし黒澤さんだけが、ジローに並び立つものでした。

正義と悪。ジローと黒澤さんは相入れぬ存在です。
それでも互いに、ある意味認めている部分があるのは確かです。
正義として、あるいは悪と戦ってきた二人。

その力は認めているからこそ、互いに敵の主力二人は自分たちで何とかするという想いがあったと思います。
ジローも黒澤さんになら任せられる、そういう想いが伝わって来ました。

世界が好きだから

その想いが、正義と悪の存在理由であり行動理由なのだと知りました。
マーベラス。マーベラスだよはじあく!

☆取り戻した日常

バトル編終わったらいつの間にか卒業式の時期で、パニックになるアキちゃん。
会長にフォーリンラブ(古い)なアキとしては、赤城が卒業するまで何とかしないといけません。
しかし赤城のキョーコに対する感情に遠慮してしまい、結局何もしないまま卒業式を迎えることに。

そんな中、我らが会長は最高に馬鹿でカッコイイ卒業の仕方を後輩たちに披露します。
これが、青春を燃やした男のケジメなのだと全力で教えてくれました。

そんな赤城ですが、大学に入るとお金が色々と必要になってくるため、アキの家でバイトしたいとの展開に。

スキャン0002

僕達が見たいのは、こういうアキの姿ですよね(笑顔)

本当にアキは可愛いやつですね。でも会長なら任せられちゃう幸せにして!
しかし赤城がみんなから祝福されている一方で、同じく卒業する青木がほぼ空気。
まあいつも空気だから仕方ないよね……

本当の空気は、ライバルキャラっぽく登場して無かったことにされているバカ殿だしね!

日常編では新しくルナが新入生として登場。九州にいたときより成長し、キョーコよりも大きくなりました(身長も……そして胸も)
悩むルナは可愛いなあ、とニヤニヤさせられます。ブルマは正義。

このはじあくのヒロインたちの可愛さは、読んで確かめてもらいたい本当に。
想像しているより10倍は可愛いですよ。口元の緩みが止まらない。

ヒロインたちの可愛さは読んで確かめてもらうとして、12巻で「おお」と思ったのはジローの器の大きさ。
バトル編でもそうでしたが、日常の中でも「上に立つ人間」の要素を感じました。

人のちょっとした想いに気づく……とでも言うのでしょうか。

スキャン0003

緑谷がコンクールに出す絵を仕上げ、みんなからは良いと褒められて。
しかし緑谷の表情はどこかいつもと違って。そのわずかな変化をジローは見逃しませんでした。
なんというか、「気づける」能力って本当に重要だと思うんですよ。

周りのちょっとした変化に気づける。それはや周りの信頼を得ることに直結するものです。
こういう部分が、読者にジローの首領としての器を感じさせる部分じゃないかな。

その場では答えにくいかもしれないから、一人になったところを確かめる。
ジローのそんな想いが、夜になって一人で緑谷の元を訪れる行動に繋がっているのだというのが分かります。
カッコイイなあ。地味だけど本当にカッコイイよ。

はじあく12巻は実に素敵で、堪能できました。
これまでのはじあくの日常を、より輝かせる巻だと考えています。

みんなー、はじあくは面白いよ!

はじめてのあく 13 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 13 (少年サンデーコミックス)
藤木 俊

小学館 2012-02-17

Amazonで詳しく見る by AZlink


[ 2012/02/04 19:19 ] はじめてのあく | TB(0) | CM(0)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。